保育所等訪問支援とは

 

保育所等訪問支援とは

保育所等訪問支援とは障害者自立支援法、および改定された障害者総合支援法(障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律)、児童福祉法に基づく障害児の支援事業です。

保育所等訪問支援は都道府県または、特別に指定された市に申請を提出し認可を受ける必要が有ります。

保育所等訪問支援の目的

保育所等訪問支援の目的には、現在保育所等を利用している障害児または今後利用する予定の障害児が、保育所などで集団活動を行うにあたって専門的な援助を必要とする場合に支援を行います。

支援は障害児本人への支援の他、訪問する施設のスタッフに対して障害児の支援方法の指導やその他必要とされる便宜を提供します。

保育所での障害児や職員を支援し協力と連携体制を取ることで、障害児が保育所等を安定して利用できるよう促進するのが狙いです。

保育所等訪問支援のサービス内容

保育所等訪問支援のサービスとしては、訪問担当者が1週間に2回程度を目安に障害児の通っている施設へ訪問し支援を行います。ただし障害児の状況や時期などにより訪問回数は増減することが有ります。

訪問先には保育所、幼稚園、認定こども園、小学校、特別支援学校、その他子供が集団生活を営む場や施設として地方自治体が認めたものになります。

訪問担当者は障害児施設などで障害児に対する指導経験のある児童指導員や保育士、または障害の特性や程度により専門的な知識や経験を持つ者(理学療法士、作業療法士、心理担当職員など)となっています。

保育所等訪問支援の利用対象者

保育所等訪問支援の利用対象者の利用対象者には、保育所、幼稚園、認定こども園、小学校、特別支援学校などの施設を利用している障害児や発達に遅れのある子供で、施設での集団行動が出来なかったり苦手であったりする子供となります。

利用をするためには居住している市区町村に申請を出し、市町村が審査を行います。
審査後に相談支援事業所と契約後、相談支援事業所から利用計画を作成してもらい、その計画を元に市町村からの至急決定を受けサービスの利用を行います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket