自閉症の感覚刺激や感覚遊び

 

自閉症の感覚刺激や感覚遊び

自閉症や発達障害の人には感覚に対して過敏であったり鈍感であるという事があります。感覚の感じ方は人により様々ですが、苦手な感覚などが出来てしまうと、今後の生活に支障が出てしまう事もあります。

感覚に対する対処方法は様々なやり方がありますが、子供が大好きな遊びを行う中で苦手である感覚に慣れさせたり軽減する『感覚遊び』や『刺激遊び』を行うという方法もあります。

このページでは子供が好きな感覚を得たい為に行う感覚遊びと、苦手な感覚へのトレーニングを行う為の感覚刺激遊びについてまとめてみました。

自閉症の感覚過敏と感覚鈍麻

自閉症の人には感覚が過剰に敏感になる『感覚過敏』という特徴と、逆に感覚が鈍く鈍感となる『感覚鈍麻』という特徴を持つ場合があります。

感覚過敏の例としては「音や声をうるさく感じる」「触られたり抱っこを嫌がる」「光をまぶしく感じる」などがあり、自閉症の子供が耳を抑えているのも音や声が必要以上に聞こえてしまいうるさく感じているからです。

感覚鈍麻の例としては「暑さや寒さにを感じにくい」「痛みに強い」「(感覚を得たくて)高いところに登ったり、走り回ったりする、グルグル周ったりする」などがあります。

なお感覚過敏や感覚鈍麻は全ての自閉症の人に見られる特徴ではなく、特定の感覚だけ過敏や鈍麻になる事や、感覚過敏と感覚鈍麻の特徴が両方見られる事もあります。

感覚の過敏や鈍麻などから外部からの刺激に対して適切な処理が出来ないと、特定の感覚に対して落ち着きがなくなりパニックとなったり、逆にその感覚を求めるあまり強いこだわりになってしまう事があります。

関連ページ
自閉症や発達障害の感覚過敏とは| 発達障害-自閉症.net

関連ページ
自閉症や発達障害の感覚鈍麻とは| 発達障害-自閉症.net

感覚の種類

人間の感覚には五感と呼ばれる「視覚」「聴覚」「触覚」「味覚」「嗅覚」の他に、バランス感覚や平衡感覚である「前庭感覚」、手足の位置や体の筋肉の動きや関節の動作に関する「固有感覚」があります。

自閉症や発達障害の人の中にはこれらの感覚の感じ方や感じた情報の処理の仕方が健常者と異なる為、感覚の受け取り方の影響から以下の問題行動へと繋がることがあります。


視覚の問題

視覚に問題があると、蛍光灯や太陽の光をまぶしく感じたり、キラキラした店内などで疲れてしまったり目をつぶってしまったりします。

聴覚の問題

聴覚に問題があると、ちょっとした音に反応したり、苦手な音や声などが聞こえると耳を押さえてしまったり、その音を掻き消そうと大きな声をだしたりする事があります。

触覚の問題

触覚に問題があると、手をつなぐのを嫌がったり、物に触ったりするのを嫌がったりします。手先が不器用で細かいことが出来ないことへの原因が、触覚の過敏で物を掴むのが苦手だという事もあります。

味覚の問題

味覚に問題があると、食べ物の好き嫌いから偏食となったり、食べ物以外のものを口にしてしまう異食などに繋がる事もあります。

嗅覚の問題

嗅覚に問題があると、臭いや香りに非常に過敏になったり、特定の香りのする場所を嫌がったり、臭いで体調を悪くする事もあります。

前庭感覚に問題があると、バランス感覚や平行感覚が鈍くなったり、自分の体の動作の速度がわからなくなったりします。そのため、椅子に座ったり正しい姿勢をとるのが出来ない、体が傾く、歩いた際に段差に躓く、歩いた際に壁や柱にぶつかったりしてしまう事も有ります。

固有感覚に問題があると、体の動きがぎこちない、不器用、運動オンチなどとなり、運動やスポーツが苦手となる原因になります。また、他人を強く叩いたり引っ張ったりする場合も、固有感覚の問題から自分の力加減が出来ないという事もあります。

感覚刺激遊びの例

感覚を刺激する感覚遊びには、自閉症の子供が好きな感覚を得て楽しむために行う場合と、子供が苦手な感覚に慣れさせる訓練の目的で行う場合があります。

子供が刺激を得る為に行う感覚遊び

自閉症の子供は行動範囲の狭さや感覚の感じ方の違いなどから、普段の生活の中で外部からの刺激を得る事が少なかったり、刺激を得る方法を知らないという事があります。

健常な人であったら、刺激を得る為に「ストレッチや運動などのスポーツで体を動かす」「読書や映画をする」「美味しいものを食べる」「友達や異性と遊ぶ」「ゲームをする」など様々な刺激を得る方法を知っており、自分で外部からの刺激を得る事ができます。

しかし、自閉症の人は外部からの刺激を得る方法がわからなかったり、周囲の環境などからその刺激を得る事が出来ない事もあります。そのため、様々な行動や動作で刺激を得ていることがあります。

自閉症の子供が感覚を得ていると思われる行動には以下のようなものがあります

視覚

「手のひらを目の前でひらひらする」「周るものを眺める」「クルクルと回る」「高い場所に登る」「砂や水を触る」

触覚

「口に手や物を入れる」「自分の頭や顔を叩く」「毛布やラグなど肌触りの良い物を触る」「布団に包まる」「手を噛む」「爪やささくれを剥く」

聴覚

「壁や床など音の出るものを叩く」「音の出るスイッチやセンサーで遊ぶ」

嗅覚

「人の髪の毛の臭いをかぐ」「石鹸の臭いをかぐ」

身体に関する感覚

「バランスボールやトランポリンで跳びはねる」「走り回る」「跳びはねる」「クルクルと回る」「高い場所から飛び降りる」

苦手な感覚に慣れる遊び

自閉症や発達障害の子供は感覚の感じ方の違いから、様々な感覚に対して苦手である事が有ります。苦手な感覚が多いと、発達の妨げや日常生活に支障が出ることがあります。感覚に対して強い苦手意識などがあると、混乱やパニックなどのきっかけとなり、それを原因とした二次障害にも繋がるので注意が必要です。

感覚に慣れるためには、遊びの中で楽しみながら多くの感覚刺激の経験を増やすことで、苦手な感覚への慣れや対応が取れるようになって行きます。さらに、一つの感覚だけでなく、複数の感覚から取りいれた情報を適切に処理したり、得た感覚から行動したりする事を目的とした「感覚統合」の訓練などもあります。

感覚に慣れるための主な刺激遊びには以下のような遊びが代表例となります。

視覚の刺激遊び

視覚の刺激遊びには「スヌーズレンを行う」「絵本や図鑑を読む」「ボールや車のおもちゃなど動くもので遊ぶ」「カラフルな積み木やブロックで遊ぶ」「万華鏡を見る」などがあります。

聴覚の刺激遊び

聴覚の刺激遊びには「楽器を使う」「CDや音楽を聴く」「DVDなどを見る」「歌を歌う」「多くのお友達と遊ぶ」「音の出るおもちゃを使う」などがあります。

触覚の刺激遊び

触覚の刺激遊びには、「砂遊びや水遊び」「粘土遊び」「ぬいぐるみ遊び」「ボールプール」「体を使ったスキンシップ」などがあります。

味覚の刺激遊び

味覚の刺激遊びと言うのは難しいですが、ご飯のデザートやおやつを食べる際に、色々な味の物を口にするというものがあります。

嗅覚の刺激遊び

味覚を刺激する遊びには、花や木などの臭いをかいだり、香水やアロマなどの香りを楽しむ方法があります。また、味覚と同様に様々な香りのする食べ物に挑戦する事も効果があります。

前庭感覚の刺激遊び

前庭感覚を刺激する遊びには、「バランスボール」「トランポリン」「ブランコ」など揺れ・動き・高さ・速度などを感じることが出来る遊びを行うと効果的です。

固有感覚の刺激遊び

固有感覚の遊びには「ジャングルジム」「縄跳び」「追いかけっこ」「だるまさんがころんだ」「球技」「三輪車・自転車乗り」など全身や体の複数の部位を使って動く遊びが効果的です。

まとめ

感覚刺激遊びは、子供が楽しみながら行える感覚へのトレーニングになります。どのような感覚遊びを行うかは子供の特徴や発達段階によって違うので、その子に会わせた遊びを行うことが重要になります。

また、早くから様々な感覚に慣れさせることで、正常な発達を促すだけでなく、苦手や不得意なことの軽減、こだわりや問題行動を減らすきっかけの一つにもなるでしょう。

感覚遊びはあくまでも遊びであるため、子供からの自発的な活動を促す事と、子供が嫌がる事や、トレーニングだからといって嫌がる感覚を押し付けるのは逆効果になるので注意が必要となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket