サヴァン症候群とは

   2015/09/13

サヴァン症候群とは

サヴァン症候群(savant syndrome)とは特定の分野において飛びぬけて優れた能力を持っている人を指します。

1887年にイギリスの医師であるジョン・ランドン・ダウンにより、膨大な量の書籍を1回読んだだけで暗記し、それを逆から読み上げるという能力を持った男性を賢い白痴(イディオ・サヴァン)として報告しました。

サヴァン症候群の原因

サヴァン症候群は自閉症発達障害を持つものが必ずなるわけではなく、原因となる理由もわかっていません。なお、自閉症以外にも脳の病気や怪我で損傷を負った場合、出産時の低体重や無酸素などで脳に影響が出た場合にも発生することが有ります。

しかし、発達障害や自閉症が先天的な脳の機能障害が原因であることから、脳の特定の機能に発生した特異的な問題であると考えられています。

また、脳の機能の異常がある部分を他の脳機能で補う事がある為、通常の人とは違う思考や記憶方法を持つためサヴァン症候群になるとも考えられています。

サヴァン症候群の発生率

発生率は自閉症患者で約10%、自閉症以外の知的障害者の脳の損傷者で0.1から0.05%とされています。
また、自閉症と同様に性別では男性のほうが圧倒的に多くなっています。

サヴァン症候群の能力

サヴァン症候群の主な能力には以下の項目が有ります。

  • 指定された任意の日の曜日を答えられる
  • 一度見た風景を後に詳細に描くことができる
  • 一度読んだ書籍を暗記できる
  • 円周率や電話帳の内容を暗証できる
  • 複数の言語を話すことができる
  • 任意の数が素数であるか答えられる
  • 非常に大きな数を暗算できる
  • 一度聴いた曲を再現できる

なお、サヴァン症候群の人は物事を記憶していたり計算が出来たりするにもかかわらず意味を理解していない場合もあり、日常的な計算や人とのコミュニケーションに問題を抱えている場合も多くみられます。

サヴァン症候群の有名人

サヴァン症候群である有名人には以下の人たちがいます。

  • 山下清(画家)
  • ダニエル・タメット:Daniel Paul Tammet
    (円周率の記憶、10ヶ国語以上の言語習得)
  • スティーヴン・ウィルシャー:Stephen Wiltshire
    (映像記憶能力)
  • デレク・パラヴィチーニ:Derek Paravicini
    (数千曲の記憶と演奏)
  • キム・ピーク:Kim Peek
    (9000冊以上の本の暗記、任意の日の曜日当て)
  • アロンゾ・クレモンズ:Alonzo Clemons
    (彫刻、粘土細工)
  • トニー・ディブロイス:Tony DeBlois
    (8000曲の記憶と20種類以上の楽器の演奏)
  • レスリー・レムケ:Leslie Lemke
    (数千曲の記憶と10種類以上の楽器の演奏)
  • ジョナサン・ラーマン:Jonathan Lerman
    (IQ150以上の画家)
  • トリスタン・メンドーサ:Thristan Mendoza
    (マリンバ演奏者)
  • ジェームス・ヘンリー・ピューレン:James Henry Pullen
    (木彫りや模型制作)
  • マット・サヴェージ:Matt Savage
    (ジャズミュージシャン)
  • Henriett Seth-F.
    (詩人、作家、芸術家)
  • リチャード・ウォウロ:Richard Wawro
    (芸術家、画家)
  • トミー・マクヒュー
    (詩、画家)
  • ジェイソン・パジェット
    (数学、物理学、フラクタル画家)
  • オーランド・サーレル
    (任意の日の曜日と天気当て)
  • トニー・チッコリア
    (ピアニスト)
  • ベン・マクマホン
    (言語)
  • ダニエル・タメット
    (暗算能力、1週間での10ヶ国語取得)
  • トム・ウィギンス:Tom Wiggins
    (曲の記憶と演奏、音の模倣)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket